上京するのに無職!部屋って借りれるの?

就職活動の為に上京して部屋探しをしたい!と言う方や、やりたい事があるので正社員ではなくアルバイト生活で暮らすつもりなので、部屋を決めてからバイト探しをする。

そんな風に思っている方は多いのでは無いでしょうか?

でも、そもそも無職の状態で部屋って借りれるのでしょうか?今回は無職でも部屋を借りる方法とポイントについて書いていきたいと思います。

賃貸は無職でも借りれる?

まず結論から先に言ってしまいましょう。
これは可能です。

しかし、これは賃貸全てに当てはまるのではなくて大家さんや仲介業者によっても変わってきてしまうのが現実です。

当然ですが、貸して側も部屋を貸す以上家賃をしっかり納めてくれる『信用』がある人に貸したい訳です。
万が一家賃が払えない・・なんてなってしまえば、大家さん側にしてみれば大きな問題ですからね。

その信用は仮であっても就職先が決まっていると言う事などで本来補うのです。
賃貸家約を結ぶときには仕事場の連絡先を書く欄がある位なので、職がある事が部屋探しの前提ではある訳です。

だから人によっては職が決まっていなければ部屋は貸せないよ・・となってしまう可能性もあるんですね。

でも、これは逆に言えば
職が決まっていなくても違う方法で『信頼』支払い能力がある事を借り手に伝えれば良い訳です。
その方法を見ていきましょう。

貯蓄が沢山ある

就職先が決まっていなくても既にしっかりした貯蓄があれば、取りあえずは家賃は払ってくれるはず。

そう、しっかりと上京前にお金を貯めておけば、それが信用になるのです。

実際に僕は無職で部屋探しをした時に銀行の通帳の出入金記入欄をコピーして、仲介業者さんに出し審査を受けてOKを貰った事もあります。

又この場合は保証人として現在働いている人の名義が必要となります。親御さんが現役で働いているならば、お願いしてみましょう。

因みに額については状況により変わると思いますが、出来れば100万円からは準備していたほうが良いと思います。

ただ、これも当然ですが絶対ではありません。当然ですが貯蓄が底を尽きれば家賃を滞納するのでは?と考えてしまいますからね。

親名義で借りる

これは結構多いパターンです。

学生などが状況する時はこの方式が多いですよね。借りる本人に支払い能力が無いなら、支払い能力がある親名義で借りれば良い訳です。

この時当然ですが、親も定年して無職などを言う場合は審査に引っかかる可能性がでてきます。

又、この場合親御さんが現地に一緒に行き契約手続きを結ばないといけないので、親御さんも色々と大変です。
この辺りはしっかりと親御さんにお話をして許可をもらいましょう。

レオパレスやゲストハウスを探してみる

もし親御さんも契約者になってもらえず、貯蓄での審査も通らない場合は『レオパレスやゲストハウス』と言う手段も考えて見てください。

レオパレスは知っている人も多いかと思いますが、家具・家電が最初からついている物件で敷金や礼金なども無しで部屋を借りる事ができます。出張などの単身者なども利用する賃貸で、短期的には非常に便利なシステムですね。

レオパレスは比較的審査が通りやすいと言われています。

たた、レオパレス自体は家賃が高めなので長期的に見るとあまりメリットはありません。

なので、使い方としてはレオパレスは無職でも審査が通りやすく初期費用も抑えられるので、取りあえずはレオパレスに入居して、就職先やバイト先を見つけて収入が安定してきてから改めて部屋を探すと言うのも一つの手です。

ゲストハウスは複数人で同じ賃貸に住むシステムで、若者などを中心に非常に人気があります。
様々な人と交流しながら暮らせるという事で、上京して友達もいない環境で一人で寂しい・・と言う事が無いのも魅力ですね。
当然値段も一つの部屋を借りるより安く済みます。

このゲストハウスの入居審査もそれ程厳しくはないので無職でも借りる事ができたりします。

上京支援サービスの利用

上京支援サービスは、部屋さがしと仕事探しを同時にサポートしてくれるサービスです。
利用自体は無料で、上京のコストも非常におさえられるのが魅力ですし、仕事探しを同時にサポートしてくれるので、当然無職でも部屋探しが出来ます。(というか、上京時に無職じゃないと利用できない)

上京を考える方には非常におすすめのサービスなので、このサイトでは特におすすめさせてもらっていますね。
詳しくは上京支援サービスのTokyo Dive(トーキョーダイブ)の魅力を本社へ行って確かめた!で書いているので、参考にしてください!

その他のポイント

さて、無職でも部屋を借りる方法を3つ紹介しましたが、この他に無職でも審査が通りやすい大事なポイントを書いておきます。

上京する目的をしっかりと伝える。

当然ですが、『なんかカッコイイから上京してみたいんです!』などと言う明確な目的の無い人と『東京で就職活動をする為です!』と言う人では確実に後者に部屋を貸したいと思うでしょう。

嘘はあまり良くありませんが、逆の立場になってこんな人だったら貸しても良いかも?と思わせるように話すことは大切です。

なるべく個人の大家さんを狙う

賃貸にはサブリース物件と言う賃貸会社が実質経営をしている物件があります。

もともとの大家さんは勿論いるのですが、トラブルや管理などは賃貸会社が行なうシステムで、当然企業経営なので支払い能力が低そうな人には残念ながら情けをかけてくれない場合があります。

ところがしっかりと大家さんがいて、様々な理由を飲み込んでくれる寛大な大家さんであれば審査が通る確立は少し上がります。
もちろん駄目な場合もあると思いますが・・。

予算や部屋数などはしっかり考えておく

これは無職云々の前にですが、予算や広さなどはある程度考えておいてください。

『何でもいいですよ~。』と言うのは不動産会社としては非常に困る答えで、計画性が無いと判断され門前払いされてしまうケースもあります。

完璧に決める必要はないので、大まかにでもプラント立てて置いてください。

聞かれた事にてきぱきと答えらることも信頼されやすいポイントになりますね。