飛行機に乗る前に知っておきたい荷物の制限。

当たり前の事ですが、飛行機に乗るときは荷物の重量や持込禁止物が存在します。
知っておかないと大事な荷物を没収されたり、追加料金を取られてしまうので事前に知っておきましょう!

まずは飛行機に乗せられない荷物、乗せられる荷物を知っておく。

飛行機に乗るときの荷物は「預け入れ荷物」と「機内持ち込み荷物」があり、それぞれで禁止物が違います。
詳しくは成田国際線セキュリティーガイドをみるのが一番です。
得に気を付けたい点を何点か記載しておきます。

液体物     

 こちらも成田国際線セキュリティー液体持込についてを参考にしていただくと分かるのですが、
機内持ち込み品 については100ml以下の容器に入れ、ジッパー付の透明の袋に入れなくてはいけません
ワックスや歯磨き粉、シャンプー、化粧品等もこの限りなので、注意が必要です。
液体物については『国際線 液体物の持ち込みについて』の記事で詳しく書かせてもらいましたので、必要な方は参考にしてください。
預け入れ荷物なら基本問題ないので、基本はそちらの方が安心でしょう。
因みに、セキュリティー検査通過後に買った飲み物についてはそのまま持ち込みが可能です。

・懐中電灯・wi-fi・変換プラグ・電池など。

上記の荷物は検索をする方が多いようなので追記させていただきました。
検索されるものが多いものは順次追記していきます。
下記JALさんに問い合わせた返信です。それぞれの航空会社によっても違う可能性もあるので参考程度に。
・懐中電灯と電池についての質問の返答。
「懐中電灯ならびに電池につきましては、一般的な使い捨てアルカリ乾電池や、蓄電型乾電池(ニカド電池、ニッケル水素電池)を使用する機器であれば、お預け入れ、あるいは機内へのお持ち込みともに可能」だそうです!
ですが、「万が一、リチウム電池などの特殊な電池を使用する機器をお持ちの場合には、お預かりやお持ち込みいただける量に制限が設けられている場合がございます。」との返事もありましたので、リチウム電池の方は確認が必要ですね!
一応電池については『国際線機内持ち込み 電池について』で解説していますので参考にしてください。
・wi-fiについての質問の返答。
『電波を発しない状態(電源をお切りいただく状態)であれば、機内持込み手荷物として、機内へのお持ち込みが可能』との返信を頂いています。』
機内では使用は出来ないようですが、レンタルしたwi-fiなどは持ち込み可能なようですね。
・また変換プラグについては機内持ち込み、預け入れ共に問題ないようです。

ライター・ZIPPO  

前述したホームページでは機内持ち込みに限り、一人1点まで持ち込み可能となっています。

つまり、2点目以降と、預け入れ荷物の場合は不可なので注意!!
また、ZIPPOのような中に吸引させるタイプのものではないオイルライターは預け入れも、持ち込みも出来ないので注意!
『国際線でZIPPOが持ち込めないケース』『補充用オイル』『タバコの関税』についてはこちらのページで解説しています。↓

 
その他の点については、ホームページで確認していただくのが一番ですが、簡単に表にまとめておきますね!
[table “11” not found /]

 
色々面倒な点が多いのですが、安全な空の旅のためにしっかり規則をまもりましょう!
こちらの記事も合わせてどうぞ!