海外旅行でおすすめのクレジットカードの国際ブランドは?

 
クレジットカード

海外旅行では必須!?クレジットカード

さて海外旅行で、必須と言っていい程活躍するのがクレジットカード。
まぁ、一応なくても旅行はできますが現金だけだと万が一盗難等にあった時無一文になってしまうし、持っていれば海外のATMで現地の通貨で引き出せるためすごく便利だし、ネットで宿の予約にも使える等、持っていかない理由がない程便利なものだと思います。
『カードも盗られたら怖くない!?』という人もいるかもしれませんが、現在のクレジットカード会社なら24時間体制で盗難、紛失の専門ダイヤルがあり10分もあれば利用を中止できるし、盗難等による不正利用の保険も大概ついているので安心です。

何処の国際ブランドのクレジットカードがいいの!?

さて、そんなクレジットカードですが。
「色々な国際ブランドのクレジットカードがあるけど何処がいいの!?」
って方がいるかもしれませんね!
おすすめのクレジットカード発行会社に関しては長くなるので別記事でお伝えしますが、今回はクレジットカードの国際ブランドについて書いておきましょう。

  • 『VISA』『MasterCard』

海外で使えるクレジットカードブランドは
『VISA』
『MasterCard』
の2つが断トツでおススメです。殆どの国でまず問題なく使用でき、発行会社も様々ですから選ぶ時にも選択肢の幅が広がります。
因みにどちらも流通度は高いですが、比較した場合『MasterCard』のほうが強いかもしれません。

  • JCB

では『JCB』はどうなのか?
残念ながら『JCB』は海外では使えない国が多く存在します。『だから海外旅行にはJCBは選ばないで・・・』と言うとそれも違います。
理由はJCBの海外旅行におけるサポート力は抜群だからです。
JCBは様々な国にサポートディスクを持っていて、現地で困った事があれば相談にのってくれたり様々な手助けをしてくれます。
当然ですが日本語だし基本のサポートは無料です。
実際に僕も中国やパリなどで飛行機やバスを手配してもらったり相談にものってもらいましたし、慣れない異国では本当に心強いサポート力です。

  • 『American Express』

最後に『American Express』です。
American Expressは基本年間費がかかってしまうし敬遠される人もいるかもしれませんが、『American Express』のブランド力は絶大です。
海外ではクレジットカードがステータスを図る目安に使われる事が多いですが、世界の『American Express』は他のカードよりその価値が高く評価されています。
特にアメックスゴールドとなればなお更です。高級ホテルやレストランなどの予約などの証明としても使用しやすいです。
それにプラス『アメックスカード持ってるんだぜぇ~』的な誇らしさもちょっとしたポイントでしょうか?
また、海外旅行保険の内容も比較的充実しているし、種類によっては空港ラウンジの無料サービスや、スーツケースの無料配送サービスなど海外旅行や出張などに非常に便利なサービスがあるのも特徴です。
日本国内だとあまり持っていてメリットの少ないカードですが海外ではその魅力を発揮するカードが『American Express』のカードです。
う~ん、迷いますよね。。。と言う方に『海外旅行では基本2枚持ちがオススメなんです』
説明していきますね!

二枚持ちがおススメ!

上記のクレジットカードの国際ブランドの説明を読んできた方はもう理由は分かりますよね?
2枚持ちにすれば『それぞれの特徴を有効に利用できる!』と言う事なんですよね!
例えば、『MasterCard』と『JCB』であれば世界中で使える『MasterCard』の力と『JCB』のサポート力。
『VISA』と『American Express』なら、ほぼ何処の国でも使用可能ですし保険も安心で貴方のステータスもバッチリです。
その他にも、クレジットカードにはショッピング、キャッシング共に限度額があるため、いざという時限度額いっぱいで使えなくなるのを防ぐのと、盗難、紛失のリスクがあるため分散する効果もあります。
だったら3枚でもいいんじゃない?とも言えますが、あまりにクレジットカード申し込みを一気にやったりするのは良くないですし、管理が面倒になりますからね。。2枚程度が無難でしょう。
因みに僕は『VISA』と『American Express』の2枚で旅行しました。長期の旅行なので『JCB』は別に海外旅行保険を利用したので、それでサポートを受けられたので、この2社を選択しました。
以上、クレジットカードの必要性とおすすめの国際ブランドについて書いてきました。なんだか結局長くなっちゃいましたね。。
クレジットカードの発行は時間が掛かるので、余裕を持って準備しましょうね!