上京後ふとした瞬間に感じるのが「寂しい」と言う感情ではないでしょういか?

地元にいる時は友達も沢山いたし、帰れば家族もいました。

上京する前は、東京で一人暮らしをして開放感に包まれ自由に生活する希望があったのに気づけば『あれ?今はその実家が恋しくてなってる』なんて事ありませんか?

今回はそんな上京して寂しさを感じる方の為に、寂しさを紛らわすための対処法を考えてみたいと思います。

寂しさを紛らわすための対処法


では、さっそく寂しさと戦うための対処法を見ていきたいと思います。

何か趣味を持つ

寂しいと言う感情は一人でふと時間を持て余した瞬間に感じる感情だと思います。

上京した場合初めは回りに知り合いなどもいないため、その一人の時間を埋めることも出来ないので、まずは何か一人でも打ち込めることが出来る趣味などを探す事がおすすめです。

趣味と言ってもそんなに大きく始める必要も無く、読書やゲーム、映画鑑賞などもでも良いでしょう。
お金はかかるかもしれませんが、サーフィンや登山、釣りなどアウトドア系の趣味なんかを始めるのもありかもしれません。

ペットを飼う

帰ると迎えてくれる相手が誰もいない・・・。
それならばペットを飼うと言うのはいかかでしょうか?部屋に帰ると尻尾を振って「ワンワンorニャー(待ってたよ~!)」などと出迎えてくれる相手がいると、帰るのが楽しみになるかもしれません。

犬や猫などは敷居が高すぎる・・・と思うのであれば、ハムスターやフェレット、魚などの小動物などでも愛着が沸けば貴方の寂しさを紛らわせてくれるかもしれません。

積極的に外にでる

上京したばかりで知り合いがいないからと言って、部屋に閉じこもってばかりいるとさらに寂しい気持ちになるかもしれません。

人通りの多い街に出かけて、カフェに入る、買い物をする、食事をするなど、少し誰かと触れ合うだけでも少し気分が変わってくるかもしれません。

イベントに参加する

少し勇気があれば何かのイベントにでも参加すると言うのも良い手段だと思います。

会社や学校のイベントは勿論ですが、その他にもボランティア活動やアーティストのイベント活動でも良いでしょう。

寂しさを紛らわせるだけでなく、様々な出会いの機会も増えるのもポイントかもしれません。

地元の友達や家族に連絡する、又は会う

上京して新しい環境に一人でいると、それまでの自分を見失いがちです。

地元の友達や家族と話していると、例えくだらない話でもそれだけでフッと本来の自分の姿に戻る事ができます。

そもそも、人は話すことで問題やストレスなどを発散する事が出来ると言われています。
「いや~、東京での一人暮らしは寂しくて参っちゃるんだよ~」なんて笑い飛ばしてしまうことも大切かもしれません。

寂しいと感じる事は当たり前

上京 寂しい

寂しさを紛らわせる5つの方法について書いてきましたが、そもそも寂しいと言う感情は人間なら殆どの人が感じて当たり前の感情だそうです。

寂しさに関するカウンセリングのサイトでは

寂しさという感情は「自分の存在を認める」ためにあるようです。
逆に、自分自身の存在が認められなかったり、また、誰かの存在を感じられなかったりすると、寂しさという感情が出てくるんです。

引用 http://www.counselingservice.jp/lecture/lec106.html

と言っています。

自分だけで生きている訳ではないのですから、寂しいと感じる事は当たり前なんですね。
寂しいという感情がなければ、この世に友達や家族なんて必要なくなってしまうものなのかもしれません。

つまりは、貴方が今寂しいと感じる事は生きてる上で必要な事で大事な時間だと言う事なんですね。
寂しいと言う感情を素直に受け止めて共存していくのも大切な事かと思います。

寂しさを紛らわすためにやってはいけない事

それでも寂しいと感じると何かで埋め合わせをしたくなるのが心情だと思います。

しかし、寂しさから『ギャンブル』『ホストやキャバクラ等の水商売での遊び』等の快楽を求めてしまうケースがあるようです。

もちろん趣味程度で楽しむ程度なら良いのですが、ギャンブルに溺れ借金などを作ってしまうようでは、状況をさらに悪化させるケースもあります。

寂しさは一時的な感情です。先ほども言ったように無理に消そうとせずに時間を味方につけてみてください。

少し長くなりましたね。

皆さんが上京した事に後悔しないように問題が解決する事を祈っています!