上京する事を親に反対された時の説得方法

上京をする事を決意した自分。でも、親はその決意に反対して上京を許してくれそうにない。。

そんな悩みを抱えている方は決して少なくないようです。
でもせっかく決めた「上京」やりたい事もあるはずです。

そこで、今回は「上京する事に親が反対な場合、どう説得したら良いのか?」について考えていきたいと思います。

説得とは何か?

上京する事に反対する親の説得方法を考える前に、そもそも『説得』とはどんな事か?ポイントは何なのか?
基本的な事を見ていきましょう。

説得が必要とされる場面は、日常生活の中で当たり前に存在して、「将来の為に勉強しなさい」「休日出勤して欲しい」「この会議に出て欲しい」
皆さんも会社や学校や家庭でも人に自分の望むことと違う事をお願いされたりする場面はよくあると思います。

会社と社員など、相手がお願いを無条件で受け入れるしかない場合はそれで良いかと思います。

しかし、親と子などの場合は相手を納得させないと、その意見やお願いは通らないですよね。つまりは説得とは相手を納得させる事なんです。

当たり前じゃん!と思うかもしれませんが、「上京して一人暮らしがしたい!」「東京の学校に行きたい!」と、ただ自分のやりたい事を言うだけなのは説得ではないんです。

この事を理解した上で親に上京する事を許してもらう事を考えていきましょう。

まずは、親が何故上京に反対なのか理解する

まずは、親が何故上京に反対しているのかしっかり考えてみてください。

親が上京に反対する理由はほぼ決まっています。

  • 金銭面からの理由
  • 子供が危険な目にあわないかの不安
  • 将来を見越しての反対
  • 自分の元から離したくない

ただ理由も無く反対しているという事はまず無いと思うので、親が何故上京に反対なのか?少し考えてみてください。
直接聞けるならそれが一番ですが、聞くのが難しい場合は今までの会話の中などで出来るだけ判断してみましょう。

反対している理由を理解せずにただ「どうしても上京したいんだ!」と話すだけでは何の意味もありません。

金銭面の理由から反対だったら?

貴方が上京する時に支援できるだけの余裕が家庭になく親が反対している。この理由で反対であった場合は行動は凄くシンプルかもしれません。

その問題を解決、提案してみるだけです。
例えば

  • 自分で費用を貯めて上京する、あるいは費用を多めに自分で負担する事を約束する。
  • 仮に出してもらうとしても必ず返すことを約束する。
  • 上京の理由が進学であれば、奨学金の利用をする。

などですね。

どの選択肢でも自分の負担は大きいかもしれませんが、上京するのは貴方自信です。ある程度の苦労も必要でしょう。
資金をなんとかしようとするその姿が親の気持ちを動かす可能性もありますね。

子供が東京で危険な目にあわないかの不安

これは東京にあまり免疫のない親御さんだと多いかもしれません。
東京=治安が悪い場所
と言うイメージがついている場合があります。

大事な子供が危険な目にあわないか?不安と言う気持ちを理解して説得しましょう。

都道府県別の犯罪発生率を参考にしてみると、東京の犯罪率は地方よりは多い傾向にあるようです。しかし、大阪や愛知など都心部であれば犯罪率は基本的には高く東京は7位と言う結果になっています。

意外に東京は全国的にみて犯罪が一番多い街ではないようです。ただ都市部ではどうしても犯罪率は上がってしまうのは現実のようですね。
この点は理解して親を説得する事が大事でしょう。

又、犯罪は自分の心がけや様々な方法で未然に防ぐ事もできます。
例えば

  • 深夜に出歩かない
  • 人通りの少ない場所は避ける
  • セキュリティの強い住まいに住む
  • 同じ東京でも犯罪発生率が多い場所と少ない場所に住む

等色々ありますね。
これらの点を総合的に考えて、「私はこう言った事もしっかり考えているよ!危険な目にあわないように気をつける!」と言う事をしっかりアピールしてみる事が大切です。

ともかく親を安心させる方法を考える事が大切なんですね。

 

将来を見越しての不安

上京したい理由がハッキリしていなかったり、理解されていない場合はこの理由で反対しているかもしれません。
親にとって子供が将来安心して元気に暮らせるようになる事は大きな望みで勤めだと思っています。

上京する理由が明確でそれが将来に繋がる事であれば賛成をしてくれるでしょうが、ただ東京の大学の方がいいとか、東京で自分の力を試したい等と言うのは理由があまりに不明確で将来が心配に思われるのは当然です。

自分が何故東京に行きたいのか?またその行動が将来にどう繋がるのか?自分自身でしっかりと考えをまとめて親に話してみてください。
仮に上京したい理由が明確になくても、それなりに理由を考えて説得するようにしましょう。

自分の元から離したくない

この反対の理由が一番やっかいかもしれません。子離れできていない状況ですね。
可愛い子供が自分の元からいなくなるのは寂しいし当然の気持ちかもしれませんが、本来なら子供のやりたい事を優先させるべきですね。

子離れ出来ない親には様々な特徴があります。

  • 子供を支配したがる親
  • 子供に依存する親
  • あまりに過保護になっている親

等ですね。

大半は子を大事に思う気持から生まれるものが極端になってしまっただけなのでですが、様々な理由をつけて上京に反対する意見を述べてくるでしょう。
対処法はそれぞれ特徴があり心理学レベルの話になってしまうのでここでは書きませんが、共通していえるのは『貴方が上京したいという意思』をしっかりとした信念を持って説得しなくてはいけません。

さて、長くなってしまいましたが、親に上京に反対された時の対処法を色々と書いてきました。
時間はかかるかもしれませんが、親にもしっかりと納得してもらってすっきりとした気持ちで上京をしてくださいね!