フリーター上京|最新計画 東京なう

フリーター上京|最新計画 東京なう

地方在住で現在はフリーター、これから上京して本気を出したい!という方も大勢いると思います。

またフリーターのまま上京して就活なんて無理と諦めている方も多いと思います。

その他にも、様々な理由や問題で上京に踏み出せないフリーター向けの上京方法と最新計画です。

フリーター上京|最新計画 東京なう

地方在住のフリーターのまま上京してもフリーターをするつもりの人や、フリータだけど東京では正規雇用されて正社員として働きたいという人。

いずれもある程度の生活資金が必要です。

50万円もあれば余裕ですが、20万円もあれば何とかいける方法です。

貯金0でも、多少の借金を厭わない覚悟で「東京に賭ける!」というタフでやる気があってリアルに真剣なフリーターの方への上京方法と計画となります。

まず最初は住み込みで働ける就職先を探す

東京には住み込み可の求人がたくさんあります、或いは非正規雇用でも福利厚生が充実している場合は寮完備の業種や求人がたくさんあります。

上京しても仕事が見つからない人は「仕事の条件を選んでいるのです」

それはそれでスキルアップさせるためにはよい事ですが、フリーターの場合はスキルアップさせるステージに1歩上がらなくてはなりません。

その1歩上がるだけのことが、地方と東京では2段ぐらい違いますので、そこがまず困難となります。

そこでお勧めなのが、地方にいながらにして転職を「探してもらえる」転職エージエントへの登録をお勧めいたします。

国家資格を有するキャリアコンサルティングが、懇切丁寧にフリーターが上京しても生きていけるように段取りを手助けしてくれます。

住み込みから始める理由

正直なところ都内で住み込みで働ける仕事は、東京では底辺と目される仕事かもしれません(東京五輪・築地移転関係の工事現場の作業員や、飲食店の厨房、新聞配達系)

ですが、その底辺と目されることで、底辺から成りあがっていく精神力の強さが上京後の東京生活では大事です。

お給料が入れば、東京は遊ぶところだらけです。

ちょっとご飯でも食べに行こうと気を緩ませれば1500円が消えていきます。

そういった浪費や放蕩を予防する意味でも、この平成が終わろうという時代だからこそ住み込みから始めるのです。

その決意が出来たのであれば、仕事は何でもありますので、いつでも仕事に困ることはありません。

ですので住居探しとなります。

フリーターが住む 狙い目

東京は家賃が高いです。

正社員として働いていても東京の家賃の負担は大きいです。

正社員であれば大体が住宅補助を支給されて家賃を支払っており、その額は結婚すれば家族手当も加わり、子供が生まれれば家族手当が増えるという仕組みです。

ですが、フリータのまま上京するならば、賃貸アパートへの入居は就職先が決まり仕事が安定し収入も安定してきてからで遅くはありません。

まずは仕事が安定するまでは「雨風を凌げればよい」と考えるべきです。

東京で人気急伸中のシェアハウスに入居します

シェアハウスとは1戸の賃貸物件を複数人でシェアして生活するスタイルです。

2012年に放映されたテレビドラマ「テラスハウス」で人気に火がつきました。

シェアハウス テラスハウス
出典:http://www.fujitv.co.jp/terrace-house/

シェアハウスには女性専用のシェアハウスもありますので、女性のフリーターでも大丈夫です。

また相部屋でも構わないというのであれば家賃負担は、簡易宿舎並みの1泊1000円~程度の計算となります。

そのような環境で上京下克上計画を、シェア仲間と「より現実なもの」として練るのも新たな方法かもしれません。

東京は物事の選択肢が多く可能性も広がり、視野も広がりますのでフリーターだって何が起こるかわかりません。

またシェアハウスは入居費用や条件が、一般の賃貸物件と比べて緩やかですのでフリーターであれば文句なしに入居できます。

意外な狙い目が簡易宿舎です

民泊が解禁されればスムーズに上京しやすくなることは間違いないですが現状は不可能ですので、それに代わる位置づけとなるのが簡易宿舎です。

簡易宿舎とは東京都にある古い「元民宿、旅館」です。

分かりやすいイメージですと、日本人が普通の観光旅行をする限りは宿泊候補地にはなりませんが、海外からの旅行者でライフパッカー系の限りなく低予算で世界旅行をしている人たちがご用達の宿舎です。

連泊することも可能で宿泊費もシェアハウス同様に1泊1000~の宿舎もあります。


参照:http://www.e-otomari.jp/annaimap/

チャンスを掴むまでは我慢する

東京にはチャンスは多いですが、地方在住時フリーターの方が上京していきなりチャンスが巡ってくる可能性は低いです。

よっぽど才能、技能が優れていればべつですが、そもそもそのようなスキルがあれば地方でフリーターに甘んじているわけがないと思いますので、やがて訪れるチャンスが巡って来るのをジッと我慢することが、後の人生のタフさにも繋がります。

地方在住のフリーターだからといって上京不可能な理由はどこにもないということです。

フリーター上京 最新計画 東京なう(まとめ)

今は東京はオリンピックに向けて活気が出始めてきました。

これから益々、勢いが加速すると思います。

その東京に流入する人の住居対策がシェアハウスが中心となりますので、特にシェアハウスの費用やポイントは抑えておくべきです。

また簡易宿舎の見直しや、地方在住のまま転職エージェントに登録するという方法もありますので、キャリアコンサルタントと相談しながら、自力での上京を天秤にかけて、まずは住み込みの仕事を探しながらチャンスを待ちましょう。

行動しなければ何も起こらないのがフリーターの上京です。