上京後の生活費用50万円の有効利用方法

貯金0の無一文で上京する人は少ないと思いますので、上京の初期費用として引越し費用や賃貸物件の契約費などを終えて、当面の上京生活を乗り越える生活費用として最低50万円あれば、上京後の生活の経済的な不安も減少します。

但しこの50万円という上京生活資金として、日増しに目減りしていきますので、計画性をもってアルバイト等で毎月の生活費用を賄う必要性があります。

そして上京後の生活に失敗してしまうケースとして「資金不足」があります。

先立つお金がなければ、せっかくの上京生活もチャンスの選択肢が狭くなります。

そのため初期の生活費用50万円を有効活用することで、快適な上京ライフが送れるように有効活用方法をご案内いたします。

著者 稲葉 ゆう子

上京後の生活費用50万円の有効利用方法

使えば減るのがお金ですので計画性をもって使わなければなりません。

この初期の上京生活資金50万円を使う時は最終手段と思ってキープしていくことを原則としてお勧めいたします。

そのためアルバイト等は必須となります。

上京目的は人それぞれとはいえ、東京では様々な選択肢や可能性など大きく飛躍するための舞台でありことは間違いないと思いますので、そこで上京後に成功する人のパターンと失敗する人のパターンは「お金の有効活用」だと思います。

貯金を増やすなら自己投資をするべき

初期の上京生活費用は万が一の時の資金として、アルバイトで月々の生活費用を賄っていくことを推奨します。

かといって貯金に躍起になることもないと思います。

もちろん貯金が増えることは上京生活の安心感が増す要因となると思いますが、本来の目的である上京してチャンスを掴むを考えますと、初期の生活費用をキープしながら余ったお金は自己投資していくことが成功するパターンだと思います。

東京は学歴+資格の時代です

大学の進学率が年々増す現代では、より成功するためにはプラス資格取得が必要となります。

しかもそれぞれの目標に応じた適切な資格を実践で使うことが求められますので、初期の生活費用50万円さえも時には資格取得のために有効活用する必要もあると思います。

そしてこの資格取得は、学生に限らず社会人になってからも延々と続いていきます。

特に就職に有利な資格は下記の2点です。

上京して就職な有利な資格Toeic
参照:TOEIC

上京して就職な有利な資格boki
参照:日商簿記検定

上記の他にも、不動産業界で重宝される「宅地建物取引士」や、IT分野で登用されやすいMOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)

金融機関の就職に有利なファイナンシャル・プランニング技能検定などがあります。

このような資格取得のために上京生活費用を自己投資をして有効活用することで、東京で暮らしていくうえでの選択肢や可能性がの幅が広がります。

逆に上京後に失敗してしまうパターンとしては浪費があげられます。

必要な浪費を自覚しておく

浪費とする支出として、カラオケなどの交友費(交際費)や、余暇を楽しむ遊行費がありますが、その全てが例え無駄遣いであったとしても、それが上京生活の寂しさやストレス解消につながるのであれば、浪費だとしても有効活用となります。

そして東京では浪費できる機会や場所が多いことから「遊びすぎ」には注意する必要があります。

経済的な面と気持ちのバランスを考えて適度にストレス解消と、あらかじめ必要な浪費と無駄使いを自覚しておくべきだと思います。

そうすることで初期の上京生活費用50万円ををキープしたままにお金を有効活用することができます。

上京生活費用の有効利用の秘訣

上京後の生活費用がなくなり乏しくなりますと、気持ちの面でも焦ってきたりこの先の生活不安がつきまといます。

そのため初期費用の50万円は極力手をつけずに、資格取得等の自己投資をしながら生活費用を賄っていくことが有効利用方法ですが、それでも目減りしていくのがお金です。

その目減りしていくお金を最小限に抑えるには倹約という我慢に尽きると思います。

東京には地方と違い浪費をしようと思えば24時間中どこかしらで「遊ぶ」ことができてしまいます。

カラオケでストレス発散も24時間営業、居酒屋だってどこにでもあります。

その上、生活費が足りなければ24時間どこでもクレジットカードからお金を借りれるATMが至るところにあります。

つまり目先の楽しさを追求するだけであれば、いくらでも誘惑されてしまうのが東京生活です。

そのような東京という環境の中で上京生活費用を有効活用するには倹約が一番良い方法です。

例えば、「欲しいものがあれば2度目に買うようにする」ことにより、2度目の購入機会までに気持ちが変わるかもしれません。

このように自分で浪費をコントロールしながら、自己投資を心がけて上京生活費用の初期の資金50万円を有効利用していくことが、上京後の生活を快適にする秘訣です。

上京後の生活費用50万円の有効利用方法(まとめ)

上京後の生活費用50万円の有効利用方法として、資格取得などの自己投資を第一にお勧めします。

またそういった向学心だけでは、上京生活のストレスとなり兼ねませんので、無駄使いとも思えるような適度な浪費もお勧めします。

但し、東京は24時間遊べますので、自分の中で浪費するべきお金の区別をもっておくことが、結局は上京後の生活費用50万円の有効利用方法となると思われます。