初海外で不安!?国際線の飛行機の乗り方をガイド!

事前に飛行機の乗り方を覚えておこう!

初めて飛行機に乗るときって不安ですよね!
「ちゃんと乗れるのかな!?」 「乗り遅れたらどうしよう」・・・・
なんて誰もが最初は思うものです。
そんな方の為に搭乗手続きの流れをまとめてみましたので、参考にしてください!

1,空港まで行こう!!

当たり前の事ですが、まずは空港に向かいます。アクセス方法を調べ余裕を持ってでかけましょう!
目安は搭乗時刻の2時間前です

2,チェックインをしましょう。

空港についたら、「出発ロビー」へ向かってください。
チックインする場所は自分が乗る航空会社のカウンターとなります。
それぞれの会社のカウンターは出発ロビーにある案内板で場所を確認しましょう。
カウンター前で順番を待ち自分の番が来たら、
①パスポート
②航空券又はe-チケットの控え
この2点を見せ手続きを済ませます。
この時に「預け入れの荷物」を渡しますので、機内持ち込み禁止物等としっかり分けておきましょう。
手続きが済むと「搭乗券」と「クレームタグ(荷物の控え)」を渡されますので、無くさないようにしてください。
搭乗券の
①搭乗ゲート(GATE No)
②搭乗時間(BOARDING TIME)
③座席番号(SEAT No)
チェックしておいてください。

3,手荷物検査

金属探知ゲートをくぐり、セキュリティチェックします。
貴金属は外しておき、ポケットの中の財布等はトレーに出しチェックを受けます。
チェックイン後、この検査の前に空港のお店を楽しんだりしても良いのですが、検査は混雑しますので時間に余裕を持って行動してください。

4,税関

①100万以上の現金を持っている場合
②海外ブランドの高価な物を持っている人
ここで申告してください。
それ以外の人はスルーでOK!!

5,出国審査

出国ブースにて、係り員にパスポートと搭乗券を渡し、ハンコを押してもらって手続き完了です!
この時、パスポートカバーは外しておいてください。

6,後は時間になったら搭乗ゲートへ向かうだけ!

時間までは免税店などで買い物したりしても良いですね!
出発が待ち遠しい瞬間です☆
 


 
以上が空港到着から、飛行機に乗るまでの流れです。
基本は流れで出来るし、分からなければ係り員もいます。
僕が旅した時、「乗りそびれた!」って友達がいましたが、旅慣れしすぎて時間をギリギリで行動した結果でした(笑)
時間に余裕さえ持っていれば難なく乗れるでしょう!
それでは、良い空の旅を!!