リゾートバイトの中でも人気が高い場所『沖縄』
僕も沖縄が大好きで旅をしたり、移住を考えてみたことがあります。

しかし、そんな沖縄でのリゾートバイトも目的などによっては失敗するケースがあると前回の記事で紹介しました。

 

そこで今回は沖縄で住み込みで働きたい!と思った時にリゾートバイト以外の選択肢として『ゲストハウスのヘルパー』と言うのを紹介させてもらいます。

ゲストハウスって??

日本の場合、『ゲストハウス』とはシェアハウス的な意味合いで使われています。
東京などでは賃貸の部屋で複数人の人と一緒に暮らせる場所をゲストハウスともいいますが、今回紹介するのは旅行などで使える『ゲストハウス』の事です。

これも複数人で同じ部屋使うと言う点では一緒です。
ドミトリーとも呼ばれるのですが、大部屋に2段ベットなどが用意されていて、他の旅行者と相部屋で寝泊りし、食事などは付きません。
シャワーやキッチンなどが共同で使用する事が出来るので、イメージとしては一つの家に複数人で同居するイメージですね。
相部屋が嫌な方には個室もありますが、シャワーやキッチンなどが共同と言う点は変わりありませんね。

日本各地にありますが、沖縄は特に充実していて、値段は格安で1泊平均だと3000円位、安いところだと500円なんて場所もあります。
沖縄に長期滞在する時に使えますよね。

大概はリビングがあり様々な人と出会い、話をして楽しみながら宿泊できるのがなによりの魅力です。

ヘルパーさんはどんな仕事をするの?

そして、このゲストハウスで部屋を掃除したり接客や電話対応をしたりするのがヘルパーさんです。
宿の方針にもよりますが、接客とは言ってもホテルや旅館のようなかしこまった接客はありません。

一緒にいる旅行者とほぼ変わらない感じでフランクに接して(節度はあります)あだ名をつけて呼び合ったりして、色々な人とコミュニケーションをとっていきます。

これまた宿の方針にもよりますが、経営などにはノータッチであくまで部屋の掃除などの手伝いなので、勤務時間は半日程度で後は自由にする事ができます。

仕事と言うよりはヘルパー(手伝い)と言う事なんですね。

特に技術などは必要ないですが、人と明るく接することが出来る人は向いていますよね。

給料は?待遇は?

ヘルパーさんの場合、基本的に給料はありません。貰えたとしても本当にお小遣い程度ですね。
その変わりにゲストハウスに滞在する費用などは無料で設備も使用する事できます。

場所にもよりますが食事なども着けてくれる宿もありますし、海などで遊ぶためのシュノーケルセットを貸してくれたりもします。

無給と言うのは結構厳しい気もしますが、沖縄に長期滞在してみたいと言う方に人気の仕事なんですね。

ゲストハウスでヘルパーをして沖縄を満喫する方法

ヘルパーと言えども仕事はキッチリととやらなければいけませんが、勤務時間などは短めでなので自由な時間は割と多いようです。

僕が出会ってきたへルーパーさんは毎日アクティブに遊ぶと言う訳ではありませんが、宿でゆっくりしていたり、来てくれたお客さん達と一緒に何処かに遊びに行ったり、飲みに行ったりとそれぞれ沖縄での時間を満喫していました。

リゾートバイトなどでホテルなどに行くと、仕事がメインの日々を送る事になりますが、ヘルパーさんであれば仕事がメインの日常と言う事にはならずに適度に沖縄での時間を楽しめる事が出来ると言う訳ですね。

リゾートバイトの場合は安いながらも給料を貰えますのでなんとも言えませんが、自分の中で『給料』と『沖縄と言う土地を堪能したいか?』の目的のバランスの度合次第でヘルパーさんと言うお仕事は良いかもしれませんね。

探し方としてはヤフーやグーグルで『沖縄 ゲストハウス』と検索して、出て来たゲストハウスのサイトを見てヘルパーさん募集を探してもいいですし、直接『沖縄 ゲストハウス ヘルパー』と検索してもいいですよね?

因みに個人的には沖縄なら『宮古島』が一番おすすめかな?と思います!

ゲストハウスのヘルパー、沖縄でのリゾートバイトと共に考えてみてくださいね!