今回紹介する体験談は京都でリゾートバイトをした『未来さん』のお話です。
京都と言う土地ならではの苦労もあったようですが、さっそく聞いてみましょう!

京都の高級ホテル内のレストランでの体験談

私が以前東京に上京をしていた時にやったアルバイトの一つがリゾートバイトでした。
場所は京都の高級ホテルの中にあるレストランのウェイトレスでした。

時給はかなり良かったのですが、朝は早く一日立ちっぱなし、さらにそれなりに名のあるホテルなのでマナー等を覚えるのも大変でした。
今になってみればやりがいもあって良いアルバイト体験だったのかな?と思えるんですけどね。

料理の名前を全部覚えるのはもちろん、席に付いているお客様の様子などもしっかり見て仕事を進めなければいけません。

メニューの内容も的確に覚えて、その事をお客様に伝えなければならないので軽いテストのようなものあり正直それが結構苦痛でしたよね。

もちろん辛い事ばかりじゃなくて、やっていて良かったなと思う事も沢山ありました。

お客様が「このホテルのレストランで食事をするのが楽しみなのよ!」と笑顔で喜んで食事をしてくれていたり、私が料理とか飲み物を運んできたら「ありがとうございます」っていう風に言葉をかけてくれたりするのもとても嬉しかったですよね。

そんな風に喜んでくれている人達がいる事で、私も頑張らないと!っていう風に自分を励まして前向きに仕事に取り組めていましたね。

そんな中で一番困ったのが、外国人のお客様の対応です。
私は英会話なんてもってのほかな人間ですが、京都でしかも高級リゾートホテルというだけあって外国人のお客様もご利用されています。
レストランにも食事をするために外国人のお客様がご来店されるのですけれども、通訳の人なんて居ませんから自分の力で外国人のお客様にメニューを聞いたり接客をしないといけません。

何度か対応していたのですが、結局うまく対応できずにメニューを聞くのは別の方にお任せをして、私は食事等を運ぶっていう作業に回らせていましたね。

さっきも言いましたが、リゾートバイトはは本当に大変だった分とても自分には勉強にもなっていい体験ができたって思っています。
今はこう言った業界とは全く関係ない世界にいますが、機会があったら一ヶ月間位またリゾートバイトに挑戦してみるのもいいかな?なんて思います。