海の家のバイトどんな感じ?/リゾートバイト 評判

今回ご紹介するリゾートバイトの仕事の内容は『夏のバイト』!と言った感じの海の家のお仕事ないようです。

ひと夏を海の目の前で過ごす。そんな青春のようなひと夏はどんな風に過ごすのでしょうか?

今回のお仕事は僕は体験した事が無いので、体験者の幸助さんにお話を聞いてみました。

海の家の仕事内容

昨年、瀬戸内の海の家でバイトをしました。

海の家での仕事は調理補助、お運び、その他雑用なんでもやります。

この時も料理を作ってだしたり、浮き輪の空気入れなど何でもしました。時給は1000円で10日間で8万円ほどです。その時の毎日の作業のスケジュールを紹介します。

1.開店前準備:8:00-9:00

トラックからの食材やドリンク類の積荷おろしや、更衣室及びトイレの清掃を行います。(前日の閉店後に勝手に使用して汚す人がいます。)

2.開店:9:00

開店と同時に子供達が浮き輪やビーチボールを持ってきます。基本的に個人にお任せしますが、小さい子などには手伝ってあげたりします。この時は食事のオーダーなどは少なく、ドリンクくらいですので、割と楽な時間帯です。

3.食事どき11:00-13:00

11時くらいから食事のオーダーが増えていきます。人気のあるのはラーメン、次に牛丼です。牛丼は作りおきしたものをご飯に持って紅生薑を添えるだけですので簡単ですが、ラーメンは茹でる時間があるため、一気に注文が入るとてんてこ舞いとなります。私はここで熱い湯の入った寸胴を倒して体にかかって大やけどをしてしまいました。

4.休憩時間:14:00-15:00

ここではまかないを取った後、1時間ほど休憩をいただけるため、バイト仲間と軽く海で泳いだり、ビーチボールで遊んだりすることができます。

5.閉店準備:16:00-17:00

夕方に入り、外に出してある、空気入れや、ドリンクの入ったクーラーボックスなどをどんどん店の中にしまっていきます。また、徐々に更衣室やシャワー室などを掃除していき、閉店に向けて準備を整えていきます。

6.閉店18:00

更衣室やシャワー室、トイレなど全て綺麗に整え、店の周りや休憩所のゴミを集め、店及び休憩所の戸締りを行い、鍵をかけて終了となります。ゴミは全てトラックに積み込み、現場には残さないようにします。

以上、おおまかな1日の流れとなりますが、食事メニューも限られており、お客は基本的にお昼どき以外は、海で遊んだり、のんびりしているので、暑さに強い人にとっては非常に楽なバイトと言えると思います。

まとめ

幸助さん、ありがとうございました。
海の家のお仕事は結構色々な業務をこなさなければいけないんですね。

リゾートバイトとして探す場合は、派遣会社などではめったに募集はないようですね。
フロムAなどの求人情報誌などで探すか、インターネットなどの募集を見るのが一番の近道かと思います。