部屋探し 不動産仲介会社 大手と個人の違いは?

インターネットが普及した現代においては、部屋探しの方法は多種多様化してきています。

一昔前は賃貸物件の探し方と言えば、地域密着型の個人不動産会社で、間取り図案内広告を見たり、新聞折り込みやチラシによって探すことが一般的でした。

現在は大手の不動産会社などの名前ばかりを見るようになり、同時に昔からの不動産会社は減少しているようにも感じます。
しかし、本当に良い部屋探しはこのような地域密着型の個人不動産の仲介会社も視野に入れる事が大切です。

そこで、今回は賃貸物件を仲介する会社について、大手と個人の地域密着型店舗の違いや背景などを紹介していきます。

ところで仲介会社って?

そもそもですが、まず始めに「賃貸物件の仲介」についてご説明します。

「仲介」という言葉、普段は馴染みが薄いかもしれませんが、シンプルに間を取り持つことを言います。
つまり、賃貸物件の仲介とは、大家さんと借主である僕等の繋いでくれる役割ですね。

不動産仲介会社は、主にこの仲介の対価(仲介料)を収入源とし、事業を行っています。
つまり、不動産仲介会社にとっては借主だけでなく大家さんもお客さんと言うことになりますね。

不動産仲介会社以外にも『管理業者』と言う形態で部屋を紹介している会社もあり、これはその会社自体が持っている物件を直接紹介するので、仲介手数料などが発生しない仕組みになっています。

実は減っていない?昔からの不動産会社

皆さんが普段目にする、駅前の店舗やCMなどの不動産会社はほぼ有名不動産会社ばかりだと思います。

実はこれらの有名不動産会社、実は運営しているのは「昔からある街の不動産会社」ってご存知でしたか?

多くの有名不動産会社は「フランチャイズ加盟店」という形態をとっており、街の不動産会社に自社ブランド名やノウハウを貸て、そのノウハウを貸している分などの対価として収入を得るというビジネスモデルを展開しているのです。

街の不動産会社は、独自に広告せずともテレビCMなどの効果により顧客を獲得することができる機会を得るのです。
皆さんも馴染みのある不動産会社なら安心して入る事ができますもんね。

それぞれにあるメリットとデミリット

ただしこの形態良いことだけではありません。それぞれにメリット、デメリットが存在します。

大手仲介会社のメリットとデミリット

大手不動産会社のメリットは何と言っても『物件数の多さ』と、『費用の値引きやその他各種サービス(特に仲介手数料一部又は全部無料など)を受けることができる可能性が高いこと』です。

デメリットは、掘り出し物件に出逢うケースが少ないことです(フランチャイズの契約で、一定水準・規模以上の貸主の所有物件以外仲介できないなどの契約がある場合があるため)

又、大手であるだけに様々な従業員がおり入りたての従業員などに当たるとあまり良い接客を受けれない可能性もあります。

個人・地域密着型の不動産会社のメリットとデミリット

こちらのメリットとデミリットは、そのまま大手と逆になる感じです。

メリットは、その不動産会社にしかない独自の物件を扱っていることが多いく掘り出し物の物件に出会える可能性がある事です。
また扱っている物件が少ないと言う事は、それだけ個々の物件をしっかり把握している事にも繋がります。昔から持っている『つて』や『ノウハウ』を元に物件を紹介してくれる可能性があります。

デメリットは、扱っている物件が少なく、敷金、礼金、仲介手数料といった費用の値引きやその他各種サービス(緊急トラブル駆けつけサービスなど提携会社の提供する各種サービス)を受けることができる可能性が低いことです。

さて、以上が賃貸仲介会社の大手と個人の違いですね。

自分に合う素敵な賃貸物件を探してみてくださいね!