国内で人気のリゾートバイトですが、これを海外で出来たらもっと楽しいんだろうなぁ~。

そう思う方もいるかと思います。

今回は海外でのリゾートバイトについて書いて行きたいと思います。

海外でのリゾートバイト方法は?

さてまずは海外でリゾートバイトが出来るのか?と言う点ですね。
答えは可能です。

しかし、それは国内で派遣会社を通して手軽にリゾートバイトをするような感覚ではなく、『ワーキングホリデー』と言うシステムを使って働く形になります。

ワーキングホリデーとは日本と契約を結んだ国で、決められた年齢の範囲の人で専用のビザを取得すれば、一定の期間(通常1年程)働いたり、学校に通ったり、旅行したり自由に過ごして良いですよ~!というシステム。

ビザ無しの旅行や、通常のビザだと一定期間の滞在が許されるだけで働いて賃金を受け取る事が禁止されているので、ワーキングホリデーのシステムを使わないと海外でアルバイトは出来ない訳ですね。

リゾートバイトとワーキングホリデーの違いは?

さて、ここで大事な事を一つ把握しておきましょう。
『国内でリゾートバイトとワーキングホリデーは根本的に違います。』

なぜなら国内のリゾートバイトは基本的に『お金を稼ぐ事が目的です』
中には自然の中で働いてみたい!とか思い出作りに働いてみたい!と言う方もいるかもしれませんが、根本的には給料をもらう事が目的だと思います。

しかしワーキングホリデーは『海外で生活してみる』事が目的です。
この中には生活しながら語学を学びたい!とか、移住の下調べをしたい!とか色々目的があるかと思いますが、あくまで海外で生活をする中で働いてもいいですよ~!と言うシステムです。

ワーキングホリデーを始めるまでにある程度の資金を貯め、現地で自分で宿に泊まったり、ホームステイしたり、部屋を借りたりして、生活をしなくてはいけません。

根本的にお金がプラスになる事は殆ど無いと考えてよいかと思います。

これが国内でリゾートバイトする感覚と海外でリゾートバイト(ワーキングホリデー)する事の大きな違いです。

それでも働いてみたい方は!?

さて、それでも海外でリゾートバイトをしてみたい!と言う気持ちがある方へワーキングホリデーの基本的な内容を説明しておきましょう。

ワーキングホリデーが可能な国

現在日本と提携している国は以下の16カ国です。
オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、デンマーク、台湾(中華民国)、香港、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、オーストリア

年齢制限

18歳~30歳の範囲以内です。
国によって違い25歳までの国もあれば30歳までの国もあります。

期間

期間は基本的に1年間です。この期間内であれば短くてもOKですね!

ワーキングホリデーを始めるまでの流れ

ワーキングホリデーを始めるまでに結構道のりが長いです。
最後に専用のサイトを紹介しておきますが、ここでは簡単に流れだけ説明しておきます。

必要な物は
『パスポート』と『ワーキングホリデービザ』と『現地での滞在費』です。

基本的にある程度の資金が無いとビザの承認がおりない事もあるので、資金は貯めておきましょう。

これらを取得後現地での滞在方法としてホームステイ先を探したり、学校を決めておいたりしておきます。
アルバイト先については通常は現地に行ってから掲示板などを利用して情報を手に入れて探すのが通常の流れです。

ワーキングホリデーを始めるのに参考にしたいサイト

では、最後にワーキングホリデーを始めるの参考にしたいサイトを掲載しておきます。

ワーキングホリデー協会

地球の歩き方

こららのサイトではセミナーも行なっており、相談に乗ってくれるので、興味が沸いた方はまずこちらのサイトにいって色々と勉強する事から始めましょう。