今回の記事はリゾートバイト派遣会社で有名な『アプリリゾート』を企業としての視点で見たお話をしていきます。

なのでおそらくはリゾートバイトをアプリリゾートでしてみようかな~!なんて思う方には、ちょっと観点がずれた話かもしれませんね。

でも、もし興味があったら読んでみてくださいね!

リゾートバイトをしたくて、アプリリゾートの評判や特徴などを知りたい場合は以下の記事を参考にしてくださいね!

アルファリゾートの評判が分かる!アンケート調査結果
ヒューマニックとアプリリゾートの徹底比較ページ

アプリリゾートの基本的な会社の情報

まずはアプリリゾートの基本的な情報を見ていきましょう!!

  • 会社名 株式会社アプリ / Apptli Inc.
  • 設立 2002年3月
  • 代表者 代表取締役 庄子 潔
  • 本社所在地 〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-13-12 西新宿昭和ビル6F
  • 内勤社員数 70人
  • 事業内容 人材派遣事業,
  • 有料職業紹介事業
    アウトソーシング事業(リゾート施設)
    留学・ワーキングホリデーサポート
  • 主な取引先 小田急リゾーツ、加森観光、カラカミ観光、休暇村協会、共立メンテナンス、東急リゾートサービス、南西楽園リゾート、野口観光、藤田観光、 プリンスホテル、星野リゾート、リゾートトラスト、NEC健康保険組合
    他全国800社以上(50音順、敬称略) 支店ネットワーク 東京本社
  • 支店
    札幌支店
    仙台支店
    名古屋支店
    大阪支店
    福岡支店
    沖縄支店
    WEB支店

まず、アプリリゾートはサイトと言うか、アプリの会社のリゾートバイト部門の名前なんですね。
会社名自体は『アプリ』だけですね。

そして、事業展開の幅を見ていくと、ライバル会社ともいえるヒューマニックは飲食事業など様々なビジネス展開をしていますが、アプリはどちらかと言うとリゾートバイトを主体に地元から離れて働く事に関するビジネスをしているようですね。

テーマとしては『つなぐ』事のようです。

リゾートバイト以外の事業ををみていくと、『Tokyo Dive』と言うプロジェクトもやっていて、リゾートバイトとは真逆に?東京に上京して夢を叶える方達の応援をしているようなんです。

内容としては東京での仕事紹介から住まいのサポートを中心に、東京で一人暮らしをする事に不安がある方をしっかりサポートするお仕事なんですね。

他には『Global Dive』と言うプロジェクトです。

これは日本国内だけでなく、世界と日本をつなぐお仕事で、ワーキングホリデーはもちろん、バックパッカーまでもをサポートするプロジェクトなんですね。

詳しくみると『すべての若者に1ヶ月以上の海外経験を』を目標として、貯金0からでもワーキングホリデーや世界一周などの夢を叶えるサポートをしっかりしているようなんです。

派遣会社と言う枠に留まらずに様々な事を『つなぐ』仕事をしているんですね。

アプリリゾートの売上高

アプリリゾートの2016年直近の売上高は以下のようになっています。

  • 2013年 23億円(実績)
  • 2014年 27億円(実績)
  • 2015年 37億円(実績)

順調に売上高を伸ばしているのが分かりますね。

因みにライバル企業ともいえるヒューマニックは

  • 2013年 52億円(実績)
  • 2014年 60億円(実績)
  • 2015年 67億円(実績)

リゾートバイト業界の大手と言われるだけあって売上高で見るとヒューマニックの方が高いようですね。

社長はどんな人?

では、こんなアプリを経営している社長はどんな人なんでしょうか?

アプリの社長の名前は『庄子 潔』という方。

ホームページなどで社長挨拶見たいなのはあまりありませんが、所々にある顔写真などを見るとかなり若い方のようです。

こちらが社長のfacebookですね。

まぁ、個人的なアカウントと言うより、アプリとしてのアカウントのようですが、これを見ているとかなりフランクな方な印象を受けます。社員からも慕われている印象ですね。

また、様々な場所へ飛び回っているアクティブな方のようですね。

庄子 潔さんが設立時の社長なのかは分かりませんが、アプリをこれだけ大きくした手腕がなんとなく覗けると思います。

 

さて、以上リゾートバイトの『アプリ』を企業としてみてきました。

リゾートバイトとはまったく関係ない話になってしまいましたが・・・

正直な話僕自身はアプリを利用した事がないのですが、アプリのやっているお仕事を見るとワクワクすると言うか、『人の夢を応援するいい仕事だな~』と感じましたね!

これからも良い企業であって欲しいですね!