リゾートバイトの中で男子が一番稼げるであろう業種が旅館やホテルの調理場補助のお仕事です。

当然メインは板前さんやコックさんが行なうのですが、忙しい時は人手が間に合わないので洗物などの雑務や盛り付けのお手伝い、軽い仕込みなどを行なうのが調理補助のお仕事です。

だれよりも早く出勤して、だれよりも遅く帰るのが調理場のお仕事だったりするので体力的に厳しいですが、一番稼げる業種でもあります。

僕は一応調理師免許を持っていたので、このお仕事をさせてもらった事がありますが一番お金が貯まりましたね!

そんな調理場補助の一日の流れを見ていきましょう。

リゾートバイト 調理場 一日の流れ

6時~8時 出勤 朝食の準備

お客様の数にもよりますが早いときは6時、下手をすればそれ以前に出勤して朝食の準備をする事になります。

朝食はお魚を焼いたり、汁物を作ったり、前日の夜に準備できるのものはしますが朝にしか出来ない事を行ないます、ある程度準備が出来てきたら盛り付けなどをしていくのですが、場所によりこの時出勤してくる裏方さんや仲居さんが手伝ったりして朝食の準備をしていきます。

またこの時従業員さんの朝食も同時に作ったりすることもあるので朝の調理場はかなり忙しいです。

8時~11時 洗物・夕食のための仕込み

下げられてきた食器などを洗い、棚に戻したりします。これは場所によって違い調理場が行なうケース、裏方さんが担当してくれるケースなどもあります。

朝食の仕事を終わったら今度は夕食のための仕込みが始まります。え?そんなに早くから準備するの?と思うかもしれませんが、調理場のお仕事は事前準備が大切なお仕事なので、しっかり行ないます。

当然リゾートバイトで訪れる補助の人が調理を完全にやる事はあまりありません。(誰でも出来る簡単なものはやりますが・・)
調理師さんの指示の元野菜を切ったり、分量の決まったものを仕分けたりしていきます。

早ければ10時位には終わりますが、忙しいとお昼過ぎまでかかる事もあります。

また従業員さんのお昼ご飯も必要になりますので、その日の担当者が準備したりします。

11時~15時 中抜け休憩

仕込が落ち着いたらやっと休憩です。 夕食に備えてしっかり休憩します。

15時~18時 夕食の準備 調理

旅館やホテルなどの夕食は18時位から始まります。それまでに間に合うように調理場は準備をしなければいけません。

午前中に準備したものを仕上げていき、裏方さんと一緒に盛り付けたり時には食事どころまで持っていく事もします。

18時~20時 夕食の調理

場所にもよりますが、当然夕食の品が一気にでるわけではありません。

温かい物は温かく、冷たいものは冷たく、お客様の前に出るときにベストな状態で料理をだせるようにお客様のペースに合わせて、仲居さんやホール担当の方などと連携しながら料理をだしていきます。

一日の中で一番スピードも質も問われる大変な瞬間です。

19時~21時 仕込み・片付け・従業員さんの夕食準備

お客様のペースなどにもよりますが合間を見て、次の日のための仕込みや片付け、従業員さんの夕食の支度などもしていきます。

忙しいと20時過ぎから手を付けて行く事になるので、帰りは22時過ぎなんてケースもあります。

翌日の朝食の準備などができたらやっと一日の終了です。

まとめ

このように調理場は朝から晩までやる事が沢山あります。当然調理師さん達が一番大変なんですが、その方々をしっかりサポートできる体力とある程度の技術なども必要となってきます。

リゾートバイトでガッツリと稼ぎたい!!と言う方にはおススメできる仕事ではありますがそれなりに覚悟を持ってやる仕事だと思います。

またレストラン兼のホテル調理場であれば、洗い場専門なんて言うケースもあるのでそう言ったお仕事も探してみると良いかもしれませんね。