リゾートバイトに行く目的は人それぞれかと思いますが、中にはリゾート地に行ってのんびりと働きながら暮らしてみたい。と言う希望の方もいるかと思います。

リゾートバイトは様々な職種がありますが、どのような職種が忙しくて、どのような職種が楽なのでしょうか?

今回はこのあたりを話して行きたいと思います。

リゾートバイトは『基本的』には大変!

基本的にですが、リゾートバイトは忙しい時期に募集が多くなります。
つまりは本来リゾートバイトは忙しい職場のアルバイトと言う事になります。

特別な理由でもない限り、暇なのに短期のリゾートバイトスタッフを高いお金で使う理由があまりないですからね。。
なので、残念ながらリゾートバイトは基本的にはあまりのんびりとリゾートライブを送りながらのアルバイトと言うのは期待はしないほうが良いかと思います。

しかし、そんな中でも『リゾートバイトで比較的楽な職種』と言うのもあります。

ただ、これも職場によりますので参考程度に考えて読んでみてください。

 

リゾートバイトで比較的労働時間が少なめ仕事

リゾートバイトには色々な職場がありますが、その中でも宿泊業はかなり多くの求人情報があります。

その宿泊業の中で稼げるどの高い業種と言うのが『キッチン』『仲居』『レストランのホール』等と言われています。
これは裏を返せば、非常に長い労働時間がある!と考えてください。

実際に僕が調理補助として働いた時は一日12時間労働なんて言う日はザラにありました。
僕は元々飲食業などにいたので、長時間労働にはなれていましたが、新卒で来た正社員の子が直ぐに辞めてしまったりもしていました。

これらの職種はお金をガッツリ稼ぎたい!と言う方にはリゾートバイトでおすすめの職業と言えるのですが、リゾート地で働きながらのんびりしてみたい!と言う方が来るとそのギャップに苦しむことになります。

なので、のんびり目でリゾートバイトを楽しみたい!と言う場合は『キッチン』『仲居』『ホール』などは避けたほうが良いかもしれません。

では逆にどんな職種なら良いのでしょうか?
おすすめは『裏方業務』になります。裏方業務は盛り付けの補助や布団敷きや洗物などを担当する事が多いのですが、これらの業務の場合忙しい時間帯である盛り付け~布団敷きに回る時間帯の後は場合によっては、少人数でこなせます。

場所にもよりますが、基本的に忙しいは正社員のみでやり補助をリゾートバイトスタッフが助けるという場合であれば、労働時間は少なめになります。

また、販売スタッフ等も販売どころが開いている時間の勤務なので、残業等も少なくあまり長時間労働にならないと思われます。

宿泊業以外でもゲレンデスタッフ等もゲレンデがオープンしている時間が基本の勤務時間なので長時間の労働になりづらいですよね。まぁナイター等があれば残業になるケースもありますので一丸には言えませんが。。

また、求人情報の時間帯をしっかりとチェックする事も大切です。
7時から~22時の間で8h時間と書いてあったりする場合は、残業が発生しやすい勤務体制です。

逆に9時30分~18時/13時~22時の交代制などと言うシフト制であれば残業は発生しづらくなります。

直接雇用を狙う

これも一丸には言えませんが、派遣会社を通すより直接雇用の方がのんびりとリゾートバイトを楽しみたい方にはおすすめかもしれません。

派遣会社を通す仕事の場合基本的には繁忙期の募集が中心です。
しかし、直接雇用は1年以上などの長いスパンで見てくれるので、繁忙期が過ぎてしまえば比較的休日も多くのんびりとリゾートバイトライフを送れる訳です。

また直接雇用の方が雇い主やスタッフと距離が縮まりやすいので、要望なども通りやすいですしね。
ただ注意点としては、直接雇用は時給も低くなりやすく福利厚生等も派遣会社より劣る場合が多いのでこの点も踏まえて考えてみてください。

さて長くなってしまいましたが、これらが比較的のんびりとリゾートバイトをしたい方におすすめする職種と選び方です。
ただもう一度言いますが、これはあくまで目安なので職場の考え方次第で変わってくるので参考程度にしてくださいね!

基本的にはリゾートバイトはお仕事です!のんびりしたい気持ちも大切ですが、onとoffをメリハリをつけてしっかりとこなしましょう!