リゾートバイトの職種の中でも一番多い仲居さんの仕事。

上品にお客様をおもてなしするイメージとは異なり、裏では非常にハードに動き回る大変なお仕事です。

しかし、お客様と実際に接することもできるし、女性のリゾートバイトの中ではかなり稼げる職種でもあります。

今回はそんな仲居さんの仕事内容を見ていきましょう。

仲居さんのお仕事 一日の流れ

6時30分~7時30分 出勤 朝食の準備

仲居さんの朝は早いです。
基本的には7時位の出勤が多いと思いますが、お客様の朝食の時間で異なっていきます。

仲居さんの主な朝の仕事は朝食の準備です。
場所にもよりますが調理場の人間と手伝いの人で準備をした朝食をお食事どころまで運びセッティングします。

朝食の時間はお客様により異なり団体さんが7時30分からだったりすると、準備が大変なので6時30位に出勤して準備をしなくてはいけません。

8時~11時 朝食の片付け

お客様の朝食が済んだら、その食器を片付けなくてはいけません。

基本的には洗物自体は調理場の方や裏方さんがやってくれるので、基本的には仲居さんは食器等を下げてくるだけではありますが、場合によっては手伝ったりするケースもあるかもしれません。

その後に夜に入っているお客様の夕食の為の宴会のセッティングなどをしなくてはいけません。

こちらも団体さん等が入っていれば準備が大変なので11時位までかかり、早いケースだと10時位に終わる事もあります。

11時~14時 中抜け休憩

この時間はお客様のお出迎えや夕食まで休憩の時間です。
夜も大変なのでしっかりと休息をとりましょう。

14時~18時

午後はチェックインのお客様をお出迎えとご案内をする事から始まります。

お客様を部屋へご案内しながらお風呂の場所や食事処の説明などをお客様にわかり易く説明をしていきます。
場所にもよるかもしれませんが、僕の働いていた旅館ではご案内係は順番でやっていました。

ご案内後やご案内係り担当で無い仲居さんは今度はその日のお客様の情報を確認しながら夕食の準備に取り掛かります。

お子様がいるかいないか?アレルギーは無いか?何か体に不自由な点がないか?など個々のお客様に対して適切な準備をしていきます。

僕のいた旅館では調理場の方が準備してくれた料理を盛り付ける事なども、仲居さんが手伝ってくれていました。

18時~20時 夕食の時間のスタート

これも朝食同様にお客様の希望する時間に合わせて夕食のスタート時間が変わります。

大体は6時~7時位でしょうか?

朝食などは一気にだすのに対して、夕食はお客様が食べる速度に合わせながらペースを考えて出していかなくてはいけません。

お客様によっては話好きな人もいるので、会話をしながら適切にスピーディーに動かなくてはいけないため非常に忙しい時間帯になります。

また、一品一品料理の説明もしなくてはいけないのでその日の料理の知識もしっかりと頭に入れておかなくてはいけませんね。

19時~22時 片付け 朝食の準備

ここらは夕食が済んだお客様の片付けや食事処の掃除などをしてかなくてはいけません。

場所によっては裏方さんも一緒に手伝って片付けてくれますが、他のお客様を見ながら片付けもしていかなくてはいけませんので大変です。

片付けが済んだら翌朝の朝食の為のセッティングをしていきます。そして時間があれば洗物などが済んだ食器を皆で片付けて1日の作業が終了です。

まとめ

さて、今回は朝からの流れで仲居さんの仕事の流れを書いてきましたが、場合によっては夜+翌日の朝でシフトが組まれたりもします。

お客様がチェックインしてからお見送りまでの時間までを一人の仲居さんが担当するのが自然なので、このようなシフトになったりするんですね。

ただ、これも旅館の方針などにもよるでしょう。

仲居さんのお仕事は想像以上に体力勝負となります。またお客様の事をしっかりと把握しておもてなしをしなくてはいけませんし非常に大変なお仕事だと思います。

しかし、リゾートバイトの中でも稼げる職種上位にいますし、やりがいもある仕事だと思います。

女性の方であれば是非おすすめ出来る職種かもしれませんね!