今回ご紹介するリゾートバイトの体験談は、北海道のスキー場で英語を使った珍しい職種を体験した優香さんのお話です。
外国人の方と触れ合える機会が多い、リゾートバイトならではのお仕事のようです。

スキー場で英語を活用したリゾートバイト体験談

私は5年程前の冬に北海道にあるスキー場で、英語の通訳としてアルバイトで働いていました。
当時私は英語の勉強をしていて、何かアルバイトでも英語を活用した物は無いかな?と思い求人情報誌を眺めていて、この仕事を見つけたのですが、色々な面でやって良かったなと思える仕事でしたね。

まずは一度履歴書を送り、その後面接と言う形式だったのですが面接は英語でやると言う正直行き成りハードルの高いものでした。
幸い面接ではすぐに採用が決まり、その後直ぐに働くことになりました。

私が担当させていただいたのは主にスキー場内のアナウンス、外国人観光客からの事前予約メールの対応、一緒に滑りながらその街を紹介したりというような活動を行っていました。

はじめの一週間は研修ということで正社員の方がマンツーマンで仕事の方法やアナウンスの方法などを教えてくれました。
外国人を相手にするということから不安な部分もありましたが、困ったときにはいつでも無線で仲間と連絡を取り合え相談したりできたのですごく働きやすかったです。

ある時、外国人の方と一緒に滑っていた時に外国人の方が転倒し足の骨を折ってしまうという事故が発生してしまいました。

その時は私も対応に困りどうしたらいいのかが分からなかったのですぐに無線で連絡をすると、救急車の手配、スキー場パトロールへの連絡を行ってくれすぐに助けがやってきました。

すごく困った状況でしたが様々な仲間の人の協力でのりこえることが出来ました。それから私自身もみんなの役に立とうと積極的に外国人客の誘致を行い、最終的にはアルバイトでありながらそこのスキー場の紹介を海外に向けて行うようになりました。

主にインターネットを使って情報を発信していったほかに、スキー場視察などに訪れた外国の偉い人へのプレゼンを任されたりしました。

アルバイトという立場にありながらここまで責任重大な仕事を任されたのは初めてでとてもうれしかったです。
また職場内の雰囲気もとてもよく誰かが誕生日になったりすると誕生会が開かれたり、スキー場のアルバイトをしてよかったと思えたのが、スキー場業務が終了すると1時間くらい無料でスキーが出来たりまた休日は従業員は無料でスキーに乗れたりと様々な特典もあり働いていてとても面白かったです。

また若い人たちも多いので和気あいあいとしていてよかったです。
この時の体験は今でも私の中で大切なモノになっていますね!